frustratedarchitects:

Casa Antonio Gálvez

frustratedarchitects:

Casa Antonio Gálvez

(Source: smallspacesblog, via ico)

fleurdulys:

La sortie de la messe - Charles Edouard Edmond Delort

fleurdulys:

La sortie de la messe - Charles Edouard Edmond Delort

lafilleblanc:

Anish Kapoor,
Imminence, 2000

lafilleblanc:

Anish Kapoor,

Imminence, 2000

1924us:

neuboheme

1924us:

neuboheme

(via oggettismarriti)

goodmemory:

Akiko Takizawa

goodmemory:

Akiko Takizawa

dhmsiftings:

Louis Noguchi by tlpjr on Flickr.Kimbell Art Museum - Kahn

dhmsiftings:

Louis Noguchi by tlpjr on Flickr.

Kimbell Art Museum - Kahn

ヨコハマトリエンナーレ2014

Figure_of_speech wiki

figure of speech

"歴史[編集]
 
 
古代ギリシア[編集]
このレートリケーは、元々はシケリアの法廷弁論として発達したものであり[3]、その創始者・大成者は、コラクス及びその弟子のテイシアスとされる[4]。当時のポリス社会において、法廷や広場(アゴラ)などで人々を説得する雄弁家という職業が存在し、ソフィスト達もこれを主要な教育科目の1つとして扱っていた。
ソクラテスは彼らに対しても一問一答の問答法・弁証法(ディアレクティケー)で臨み、「議論をしている当人をこちらの支持する証人たらしめる」のが目的であるとして民衆に訴える雄弁術とは一線を画した。プラトンは著作『ゴルギアス』や『パイドロス』で、この雄弁術・弁論術(レートリケー)を主題的に取り上げて批判している。
しかし、プラトンの弟子であるアリストテレスは、プラトンとは異なり、この雄弁術・弁論術(レートリケー)を、弁証術(ディアレクティケー)と相通じる技術として捉え、先行する専門書の内容を、より広い観点から体系化した、そのものずばり『弁論術』という名の著作を残している。
当時アテナイ周辺(アッティカ地方)で活躍した雄弁家たちは、「アッティカ十大雄弁家」として後世に語り継がれている。
 
古代ローマ[編集]
修辞学が理論づけられた一学問として体裁を整えるようになったのは、古代ローマのキケロ『弁論家について』とクィンティリアヌス『弁論家の教育』の力が大きく、レトリックの五分野、発見・配列・呈示・記憶・演示が確立したのもこの時代である。特に、「発見」は主題を選別し決定するという技法を指し、トポス(演説のための常套句)を収集し、演説のときの助けにするというのが欧州中世の教養の大部分を占めた。"

http://ja.wikipedia.org/wiki/修辞学